クラミジア感染症になったら特効薬として処方されているのはアジスロマイシンです。この薬を飲めば治療が終了してから3-4週間後にクラミジアの再発がないか検査をします。その検査で陰性だった場合には完治したことになります。

クラミジアの完治

クラミジアはなかなか完治しにくい病気です。正しく服用しなければ改善されません。1ヶ月くらいはかかると言われています。アジスロマイシンを使うことでクラミジアの治療は安易になりますので、早期発見をして早期治療につなげるといいでしょう。

クラミジアの完治

効果的な治療につながります。クラミジアの治療をする期間は個人差があるのですが、今の病状の具合によっても違いがありますが1週間程度で治療をすることでスムーズに改善するでしょう。抗生物質を投与しなければ改善しませんので自然治癒に任せようと思っている人は注意しましょう。

検査で確認する

アジスロマイシン服用後にもう一度クラミジアの検査をしていきます。そこで陰性になっていればクラミジアの治療が終わります。症状が軽い場合には薬を一度飲むことで完治するかもしれませんが、最後まで処方された薬は飲みきる必要があります。

飲み方について

クラミジアでアジスロマイシンを服用する際には飲み方があります。クラミジアの治療では1日に1回500mgを2錠飲みます。胃腸が弱い人や人によっては下痢になる人もいるのですが、その場合にはアジスロマイシンを1錠1日1回、これを3日間に分けて服用することになります。

クラミジアの治療にはアジスロマイシンが良いと言われていますが本当でしょうか?

クラミジア感染症は血液の中の成分の濃度をあげることで、原因となる金を一度に死滅することが可能です。薬の効果は1週間程度です。長期間飲み続ける訳ではない薬ですが、薬代等が気になる人はジェネリックもありますので、病院で相談してみるといいでしょう。

クラミジアの症状

クラミジアの症状は男性と女性によって違いがあります。男性の場合は尿道にかゆみを感じたり、不快感があることもあります。またひどい人の場合には尿道から膿が出てきてしまうこともあります。排尿時に痛みがあり排尿困難になることもあるでしょう。

また発熱することもあります。男性の主な症状はこれらですが、場合によっては風邪を引いたのかと勘違いすることもありますので注意が必要です。次に女性の症状ですが、女性の場合はおりものが増えます。そして下腹部痛が現れたり、不正出血が現れることもあります。

性行為をしていると性器痛を感じることがあります。女性がクラミジアに感染した場合に、一番自分で気になるのはおりものの量が増えることですので、自分のおりものの量は毎日確認するようにしましょう。下腹部に痛みがあったり、不正出血があると生理に似ている感じもしますから、もしかすると発見が遅れてしまうこともあるかもしれません。

遅れないように注意しましょう。もしかしてクラミジアに感染したのではないかと思ったら早めに検査を受けるといいでしょう。

クラミジアの原因菌は?

クラミジアの原因となる菌ですが、体内で増えるクラミジアトラコマチスという菌によって様々な症状が引き起こされています。薬を服用することでこの細菌が増殖することを防ぐ働きがあります。早期発見、早期治療がクラミジアの治療にはとても大切ですから、早めに治療が開始されるようにするためにも、日頃から自分の体のことは理解しておき、何らか体に異変があった場合には早急に対処できるようにしておきたいですね。

クラミジア感染症の治療期間について

クラミジアの治療でアジスロマイシンを服用した場合にはどれくらいの治療期間がかかるのか知っておくことで治療の目安になるのではないでしょうか。クラミジア感染症の治療期間についてここでは見ていきたいと思います。

クラミジア感染症の治療期間について

クラミジア感染症の治療期間は?

クラミジア感染症の治療期間については、個人差がありますし症状によっても違いがあるのですが、長くても薬であるアジスロマイシンを使って治療を始めれば1週間もしないうちに治療は完了すると言われています。治療は抗生物質を使って菌を殺菌することが第一選択です。

再検査をして陰性という結果が出るまで続けられるのですが、大半の人で早期発見をして症状が軽い人なら1回薬を飲んだだけで治療効果が出ることもあります。軽い場合にはすぐに治療できる印象を持つ人も多いでしょう。しかし注意点があります。

治療期間はあくまでも医師が伝える治療によるものなので無症状の人は完治できるまでは、もう少し時間がかかるかもしれません。

中途半端に治療をやめると

まだ治療の効果が現れていない、中途半端に治療をしてしまうと、治療が終わってから1ヶ月程度でまだ陰性と確認されずに、再治療が必要になることもありますからしっかりと治療は最後まで終える必要があるでしょう。

抗生剤投与で

抗生物質を投与すれば陰性になりやすいですが、そのまま医療機関で検査をせずに、勝手に治療を終了してしまうことは一番してはいけません。勝手に治療をやめてしまうと、他人に感染を広げることにつながります。高精細を使用している治療期間でも性行為をすれば感染が広がることもありますので、その期間は性行為を控える等注意が必要です。

感染を予防することが重要です。